Webコントロールの画面構成

webコントロール画面は、MJPG-Streamerのストリーミング映像を中心に構成しています。

機能面では、Motionの方が充実しているのですが、動作の軽快なMJPG-Streamerを利用しています。

Webコントロール画面

カメラ映像にはjavascriptにより、情報を重ね合わせ表示しています。

web_cnt_sta_v0

起動時刻、CPU負荷、CPU温度、無線品質、距離センサーのデータを表示しています。

今後、バッテリー電圧や進行方向・走行距離などの表示を加えたいと思います。

試作レベルの為、操作性やデザインなどを考慮していなかったので、現在、新バージョンを製作中です。

 

関連記事

  • View Direction Rotation Control SystemView Direction Rotation Control System ハウスローバーを無線LAN経由でコントロールする場合、webカメラの映像や命令には遅延が生じます。直進の場合は距離センサーのデータを参考に […]
  • Raspberry Piの初期設定 – RaspbianRaspberry Piの初期設定 – Raspbian Arch Linuxで開発を進めてきたハウスローバーですが、先日、いつもの様にシステムのアップデートを実施したところ、 […]
  • Raspberry Piの初期設定 – Arch LinuxRaspberry Piの初期設定 – Arch Linux Raspberry PiのOSは、当初、Raspbianを使用していたのですが、少しでも軽快な動作を期待して、Arch […]
  • pigpioでPWM制御するpigpioでPWM制御する PWMによる速度制御は「WiringPiでPWM制御する」で実験しましたが、致命的な問題により実用とはなりませんでした。 他に良い方法はな […]
  • 移動量センサーを実験する移動量センサーを実験する ロボットの移動量測定には、フォトインタラプタなどによる車輪の回転量計測や加速度センサー等によるものなどがありますが、非接触で移動量を検出す […]
  • バッテリーのコンディションを監視するバッテリーのコンディションを監視する バッテリー駆動の機器では、バッテリーパックのコンディションを監視することがとても重要です。 以前から、バッテリーの電圧検出回路は搭載する予 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です