新型シャーシ用インターフェースボード

新型シャーシには、2つの白色LEDと4つの赤色LEDを新設しました。 その信号線を引き出すために、インターフェースボードを再構成しました。 少々高価ではありますが、今回はサンハヤトのRaspberry Pi B+ 用ユニバーサル基板 UB-RPI02 を使用し、RTC、バックアップ用バッテリー、LEDドライバー等を搭載。 それ以外のモータードライバーを中心とした回路を、14Pフラットケーブルで接続する構成です。

インターフェースボード

インターフェースボード

モータードライバーボード

モータードライバーボード

実装した状態

実装した状態

RaspberryPi2のリセット端子

RaspberryPi2のリセット端子

RTCのアラーム出力をRaspberry Pi本体のRUN端子(リセット端子)と接続するため、インターフェースボード側にもピンヘッダを設けました。 RUN端子との位置が微妙にずれているので、若干角度をつけ、なんとか接続できています。 RTCのアラーム出力(INT)の回路も一部変更し、安定して動作しています。

 

 

そして回路はこのようになりました。

インターフェースボード

インターフェースボード

モータードライバーボード

インターフェースボードに使用したサンハヤトのRaspberry Pi B+ 用ユニバーサル基板は、両面スルーホールで大変品質もよく、基板上にGPIOのピンアサインが表示されているので、ちょっとした回路の作成にはぴったり、お薦めです。 お安くはありませんが、複数用意しておきたいですね。 (かなりの宣伝?)

↑ さらに宣伝!!

2016.11.12追記 秋月電子通商さんからRaspberry Pi 用ユニバーサル基板が発売されていました。価格は150円。 安い!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です