移動量センサーを実験する

ロボットの移動量測定には、フォトインタラプタなどによる車輪の回転量計測や加速度センサー等によるものなどがありますが、非接触で移動量を検出する身近で安価なアレが使用できないかと思い立ち実験してみました。

ロジテックマウスMX510

これです。 ロジテック光学マウスMX510。 2、3年使い込んだ現役引退物ですので、結構古いです。

光学マウスはその性質上、マウスの底面から3ミリ程度までしか反応しないように設計されています。 そこで、センサー部に別のレンズを使用して反応距離を伸ばそうという試みです。

マウス基板  マウス基板

レンズと言っても適当なものがなく、古いデジカメから取り外しセンサー部に取り付け、位置や距離を試行錯誤。

なんとか、レンズ面から30ミリの距離で床面の移動を検知出来る状態になりました。

実装するとすれば、こんな感じでしょうか。

IMG_0293  IMG_0294

なんとか、使い物になりそうな感じですが、床面との距離には敏感で、焦点深度4ミリといったところでしょうか。 凹凸のある路面では厳しいかな…。

光源や光学系の性能次第ですね。

光学センサーを用いた移動ロボット用位置推定システムについて、東北大学の方が論文を書かれていました。

http://www.astro.mech.tohoku.ac.jp/~keiji/papers/pdf/2010-Robomec-IN-online.pdf

安価なセンサーだからといっても、移動ロボット用として信頼性を上げるのは簡単なことではなさそうです。

 

 

関連記事

  • 加速度センサーで距離を推定する加速度センサーで距離を推定する ハウスローバーにとって、走行距離の計測は重要な項目です。 最も基本的な方法は、車輪の回転を検知することですが、車輪のスリップや障害物の影響 […]
  • View Direction Rotation Control SystemView Direction Rotation Control System ハウスローバーを無線LAN経由でコントロールする場合、webカメラの映像や命令には遅延が生じます。直進の場合は距離センサーのデータを参考に […]
  • WebコントロールをバージョンアップWebコントロールをバージョンアップ 試作版のまま使用してきたコントロール用Webページですが、機能や表示すべき項目が決まってきましたので、この辺りできちんと(?)作りこんでみ […]
  • リアルタイムクロック RTC-8564NB で起動するリアルタイムクロック RTC-8564NB で起動する ESAの彗星探査機「フィラエ」が電力喪失、スリープモードに移行 探査機にとって電力は命です。 フィラエは太陽光パネルに光が当たれば、復活の […]
  • Webコントロールの画面構成Webコントロールの画面構成 webコントロール画面は、MJPG-Streamerのストリーミング映像を中心に構成しています。 機能面では、Motionの方が充実して […]
  • ハウスローバーのハードウェア仕様ハウスローバーのハードウェア仕様 ハウスローバーのブロック図です。 インターフェース基板には、モータードライバ、ジャイロセンサー、RTC […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です